脳科学からアプローチした
メンタルトレーニング

プログラム概要

最適な
「覚醒水準」を知る。

「通常状態の覚醒水準」によって指導方法は全く違う

最適な「覚醒水準」を知る。

「通常状態の覚醒水準」が分かる
脳傾向性診断テスト
スポーツブレインチェックシート

明治大学/認知脳科学研究室/認知脳科学者
嶋田総太郎教授の監修による診断テストです。

150問の質問に答えるだけで数値で
脳の傾向性・感情のコントロール度などが分かります。

脳傾向性診断テストスポーツブレインアクティベーション・チェックシート

集中力を高める
8つのスポーツアクティベーション
プログラム

  • ① マインドフルネス瞑想
  • ② 3C呼吸法
  • ③ 連続刺激神経活性法
  • ④ メンタルプラクティス
  • ⑤ チェンジミーニング
  • ⑥ フォーカルポイント
  • ⑦ 香り(アロマ)の活用
  • ⑧ ルーティーン(大義の明確化)
8つのスポーツアクティベーションプログラム

「モチベーション&
アイデンティティの構築」

生徒に「成りたい自分・夢・目標」を描かせるために

チームビルディングにとって最も大切な要素は
「チームアイデンティの確立」である と考えます。
チームとして軸となるものです。軸があるからこそ、
そこに一人一人の力を結集することができるのです。
脳科学的に解説すると「チームアイデンティティ」を
脳にインプットすることで雑念を取り払い、
今やるべきことに 集中していくという事です。

8つのスポーツアクティベーションプログラム